トークンエコノミーとITコンサルタント

旧帝大大学院卒業後、SIerからコンサルに転身した筆者が、トークンエコノミー、暗号通貨、構成技術やプロトコルについて学ぶブログになりました。最新の暗号通貨レポートの翻訳、ソースコードの解説、技術動向、週次レポート、など。特に、データ活用ビジネスの分界点・テクノロジー、資産価値を運用するテクノロジーも含めて書いていきます。

こだわりを持った魅力的な人になるためにやるべきことを考えてみた

ふと、人生経験が豊富で魅力的な人はどのようにこだわりを持っているのかと考えたことがある。



稀有な体験や関心が自分の血肉となって言葉となって、素敵な自分を形成し、それによりまた世界が変わる。
こんな面白い循環はないでしょう。
楽しまないと損でしょう。


ですが、感動する体験や様々な経験をもっとしたいと思っていても、
自分の周囲の世界だけで生きていると、だんだんとマンネリ化してしまうものです。
普通の人も、学校で「死ぬまでは結構退屈だから」とでも教わればよかったんでしょうが、そこまで生々しくもないんで教えてくれませんでしたよね。



魅力的な人は自分のこだわりを持って、日々の生活を彩り、毎日いつ死んでもいいやと生きているからこそ魅力的なのではないでしょうか。



素敵な人はどうそんなこだわりが湧き上がってくるんだろうか。
なんでこだわりを持っている人は魅力的に見えるんだろうか。


そんなことをぼんやり考えていたことを備忘的にまとめます。







そもそもこだわりを持つ人が魅力的なのはどういうことかといえば、

いかに幸福感を感じるかをメタに認知し、

主体的な選択肢に対して

繰り返し決断をすること

です。
結果的にはその人が幸せだから、周りに人が集まる。

裏を返せば
魅力的な人=こだわりがある人に共通しているのは、自分でできるだけ多くの決断をしているということでしょう。

どんな人でも
1.時間の使い方
2.人間関係
3.衣食住に関すること

くらいは選択しているじゃないかと言いますが、
幸せは相対的に観測できる概念だと思っています。

例えば日曜は1日中寝ている人と、好きな友達とマカオにいって美味しいごはんを食べて夜はカジノと風俗にいくみたいなのと、単位時間あたりの幸福度がどれだけ違うかといえば多分後者なんでしょう。

つまり、みんな常に高い幸福度を持ち続けられるように毎日楽しくなるように充実させればいいんじゃんっていう話にも聞こえますが、
問題なのは、現状それが常にうまくコントロールできていないことです。
そして、なぜかこだわりがなくても充実させることはできてしまうからです。




なぜ幸福度をコントロールできないのか。




それは、決断の判断軸に一貫性がなく、消極的だからにつきます。


例えば夕食に何食べようかって話で、
お金を減らさないで吉野家にいくのも選択だし、自分で料理して毎日カレーを食べるのも選択です。

吉野家にいくとします。
ではなぜ、吉野家にいくのか。

お金を貯めるために吉野家にいくのか、
お金がもったいないから吉野家にいくのか、
貯金するために吉野家にいくのか、
あの牛丼を食べたいから吉野家にいくのか、、、

最後には個人の価値観になってくると思うのですが、自分のポジティブな意志とどうつながっているのでしょうか。

その時間を友達とのディナーに費やして、人との関わりを持つのもありますよね。

逆に、リソース有限の中では、本当に考えなくてもいい、やらなくてもいいことを極限にやらないポジティブな選択もある。

有名な話では、スティーブジョブズが毎日同じ服を着ると”決めて”出社していることや、芥川賞をとった羽田さんが毎日大量に野菜を切って貯めといて、野菜炒めしか食べないように”決めて"いるのとか。

彼らがそうしているのは、本当に自分が幸福だと思うことに集中したいから。
そんな一貫性と強い意志を持った人が周りにいて、完全に刻み込まれていますよね。


これと似た話で横道がそれますが、このやらないものを決める力がない人は東京に向いていないです。
選択肢がたくさんある東京においては、自分の大切にしたいこだわりとか価値観をはっきり持ってないと、いずれ消費され続けて、疲れてしまうと思いますよ。自分は1年目そうでした。

さて話を戻します。




ではそのような一貫性を持った価値観を貫き通すには、どうすればいいのか。

至極当然ですが、自分のことを深く理解し、価値基準が刻み込むことです。

深く理解するためにやることで有名なものは
・掃除と片付け
・瞑想
・自分が幸せと感じたことを棚卸しして紙に書くのを毎週やる

くらいで、最近具体的に意識してやりはじめたのですが、
テクニカルなことではなく、もっと自分のことを知ることを強いられる状況を意図的に作り出せる行動指針があると思っています。



それは、とにかくリスクを恐れずに行動力し、失敗する勇気です。




挑戦する人はいつだって自分に正直で、リスクを取って、恐怖に対する耐性があります。
なぜ挑戦できるのかといえば、自分にとって大切なものを知っているから挑戦ができるのです。

何が本当に大切なのかを正直に整理していないと、リスクをとる挑戦なんてできない、
だからこそとにかく失敗して自分のことを早いうちに知るべきなんですよね。



毎回宗教みたいなブログを書いていて我ながら気持ち悪さが底なしですが、
備忘でもあるので。笑

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で